動作環境

nStylerの動作に必要な環境は以下の動作環境一覧をご確認ください。
nStylerの最新版は、Windows 2000およびWindows XP SP1、SP2は動作対象外となりました。

動作可能OS
Windows (64bitOSへのインストールは可能ですが32bitでの動作となります。)

●VISTA

●7

●8

エンジン別対応表

 

標準エンジン

高機能エンジン

RTRTエンジン

OS Windows Vista / 7 / 8 
CPU Intel Pentium4(2.0GHz以上)※ 2コア以上推奨 
メインメモリー 32bit PCの場合 1GB以上必須 ※ 2GB以上推奨
NVIDIA GeForce

Intel845G Chipset

相当のオンボード

において稼働可能
   

6600以上 8600以上
NVIDIA Quadro
FX3400以上
FX1700以上
ATI Radeon
  X1600以上 HD4850以上
ATI FireGL Pro V3700以上
V8600以上
Intel Graphics  HD3000以上
HD3000以上 
ライブラリ DirectX9.0c Shader3対応ボード DirectX9.0c
マウス ボタンマウスまたはホイールマウス 
ブラウザ Microsoft Internet Explorer 6 以降
対応グラフィックスカード

●nStyler、Hayabusaを正常に起動させるには、動作環境に適合するビデオカード(GPUチップ)が必要です。お手元のグラフィックスカード(GPUチップ)が適応しているかご確認下さい。

グラフィックス確認方法
graphicsproperty.jpg「画面」の「プロパティ」→「設定」を開くとグラフィックスカード(GPUチップ)を確認できます。さらに[詳細設定]ボタンを押し、アダプタを確認すると搭載ビデオメモリのサイズを確認できます。
CAD I/F
nStylerが直接読み込めるモデル形式は以下です。

●nxr (nStyler専用ファイル形式。Rhinoエキスポータ、NXエキスポータで出力可能)

●FBX (Type2、Type3)

●OBJ

●3DS

●Collada

●STL

●VRML (2.0形式)

●Hayabusa (1.0、2.0形式

対応エキスポータ
アプリケーション

●Rhinoceros (Ver4、5対応)・・・有償製品

●NX (Ver7、8対応)・・・有償製品

SystemChecker

System Checkerとは、PCがnStylerの動作環境を満たしているかどうかチェックを自動的に行う検査ソフトウェアになります。動作環境を満たしていない項目がある場合はエラー表示になりますが、nStylerリリース後に発表された新しいCPU、GPUの場合に、SysytemCheckerでエラー(赤字)で表示される場合がありますが、動作環境一覧掲載のCPU、GPU以上の性能の場合はそのままお使いいただけます。

起動方法
nStyler30_start02.png初回起動時には[System Checker]も併せて起動し、PC動作環境に問題が無いかを確認することが出来ます。

●Windowsの[スタート]→[すべてのプログラム]→[GRAPS]→[システムチェッカー]を選択します。

エラー表示
SystemChecker_01.jpg動作環境を満たしていない項目がある場合はエラー表示になりますが、nStylerリリース後に発表された新しいCPU、GPUの場合に、SysytemCheckerでエラー(赤字)で表示される場合がありますが、動作環境一覧掲載のCPU、GPU以上の性能の場合はそのままお使いいただけます。
SystemChecker02.jpg

Macintosh版

現在、nStylerについては、Macintosh版の開発・リリースは行ってありません。Macintoshで利用される場合、Boot Campの構成であれば、インストール&動作は可能です。但し、Boot Camp以外の環境下ではインストール及び動作確認は出来ておりません。また、Boot Campの環境下でグラフィックドライバおよびその他の要因で正常に動作しない場合が考えられますので弊社としては動作保証を致しておりませんのでご利用に関しては十分ご注意頂きたくお願い申し上げます。